作図用具

方眼定規

0.5cmの方眼が全面にある硬質塩素ビニール製の透明な定規で特に平行線を引いたり、パターンの縫い付けなどに使う。

長さは、30cm、40cm、50cm、60cmがある。

 

L尺

直角とカーブを兼ね合わせた定規で縮尺のメモリが裏面に記入されている。

 

Hカーブルーラー

両側がゆるやかなカーブになっている定規で、スカート、パンツの脇線や股下のカーブを引くのに利用する。

 

Dカーブルーラー

衿ぐり、袖ぐり、股ぐりなどの強いカーブ線をかくのに使用する。

 

文鎮

作図をうつし取ったり、布の上にパターンをのせて裁断する場合など、動かないように押さえる為に使う。

 

分度器

パターンの作図で、肩傾斜、ダーツ量、スカートのフレア量などの角度を測るのに使用する。

 

コンパス

作図で円や弧線をかいたり、交点から同寸法を求めるのに使う。

 

プッシュピン

押しピンのことで、作図を写す場合やパターン操作の際にパターンが動かないように止めるのに使用する。

 

ルレット

パターンを写し取る場合や布の両面に印をつけるのに利用する。

歯先の刻みが鋭いものと、歯先が丸くソフトに印がつくもの、歯先がストレートの物がある。印をつける場合は、布の間にチョークペーパーをはさんで印をつける。

 

ダブルルレット

歯が二枚ついたルレットで二本の平行線がつけられているので、出来上がり線と裁切り線を同時に印す事が可能です。平行線の幅は0.5ピッチで3cmまで変更が可能です。

 

カッターナイフ

パターンの切開きや切抜きに使う。

 

ノッチャー

パターンに合い印や、縫い代の印を入れるのに使用する。

 

紙切りばさみ

パターンの切開きや切抜きに使う。

 

接着テープ

パターンの、はぎ合わせやパターン操作の場合に使う、つや消しのテープ。はり縮みが無く、紙にはるとテープが目立たず、テープの上に線を引く事もできる。

 

関連記事

ページ上部へ戻る