子供服の選び方

 

衣服は人が初めて着用して機能性や快適性を感じ取れます。着心地の良い服は主に次の条件が当てはまる事とされています。

  1. 身体の大きさに衣服の形やサイズが適していること。
  2. 動作に適応した運動的応性を備えていること。
  3. 生理機能を考慮した衣服の材料、形、着方であること。
  4. T.P.Oを心得た着方であること。

小さなお子さんは成長段階であり、肌もまだ強くありません。また活発に活動を行うので、シーン別に上記の内容を理解してあげてください。可愛いモチーフやデザインは魅力的ですが、危険のあるデザインは子供の為にも避けてあげましょう。

 


■子供服のデザイン

お子さんの年齢によって求める機能性が違いますが、些細なデザインにも危険は実はあります。

  1. フード:大きいフードは避けましょう。衿の部分に引き紐があるデザインは避けましょう。
  2.  ボタン:すぐに取れてしまいそうな縫いの緩いボタンは誤飲の元なので選ぶのは避けましょう。
  3. ファスナー:金属アレルギーの可能性もあるので、肌に直接、接触しないもので首やアゴを挟まないファスナーを選びましょう。
  4. :たるみの無い短い紐を選びましょう。物に引っかかり、絞られる可能性のある長い紐は選ばないようにしましょう。

眼を離した間に、興味心でボタンを口にすること、紐が引っかかる場合や大きなフードを被っているが為に視覚・聴覚情報を得られず危険にあう可能性もあります。常に子供を眼に入れとく事は大切ですが、いつ何が起こるか分からないので、眼を離してもリスクを避けられる洋服選びは大切です。

 


アレルギーや痒みを産みやすい素材

成長段階である子供の肌は敏感です。幼児衣類を販売している会社の服は安全だと思いますが、小学生くらい子供向けの洋服は対策が不十分であると思います。肌に対して刺激の強い素材を列挙していきます。また成長しても乾燥肌の方は下記の素材に対して痒みを感じるかもしれません。

天然素材だから安心と思うのは危険です。ウール(毛)と麻といった天然繊維は肌触りがあまり良くないので避けましょう。

化学繊維は静電気を起こしやすく全体的に肌触りはよくない。

 


■タグの切り取り方

  1. ブランドの証であるタグですが、肌にあたるとチクチクしますね。ハサミで切る人も少なくないと思いますが、リッパーという道具を使うと洋服の生地を痛めずに奇麗にタグを外せます。

関連記事

ページ上部へ戻る