2016-17秋冬のトレンドをピックアップ!

2016aw

夏も終わり、そろそろこの秋冬は何着ようかな〜などと思いを巡らせる時期となりました。

夏のセールも終わったショップには、続々と秋の新作が店頭に並び始める頃です。

 

新しい洋服を手に入れる前に、サラッと今年のトレンドをおさらいして見ましょう。

といっても全体の傾向として、ちょっと前までの全員右にならえ的なビッグトレンドは大分影を潜めました。

多様性や社会のフラット化が進んでいる結果でしょうか。ある意味とても健全です。

とは言うものの、旬なモノはやっぱり気になるという方は参考までに頭に入れておきましょう。


■2016 – 17 秋冬はコレがくる!?

 

  • テキスタイル編

8343251766_077327c336_z

今シーズンは全体的にプリント物が目立っています。

特に注目はアニマル柄でしょうか。コートなどの重衣料から靴やバッグなどの小物まで、アニマル柄が出ています。

今までのシンプルさの反動でしょうか。日本では派手なアニマル柄を着るのは勇気がいるといった人が、トレンドの流れに乗って着てみるのも一興ですね。

 

あとはボタニカルや小紋、大きめの花や蝶などをあしらったレトロ・モダンな総柄のアイテムも数多く見られます。春夏に引き続きパターンONパターンの着こなしがモードな模様です。一見上級テクのように感じて腰が引ける人も大丈夫。たとえ柄物の組み合わせに失敗していたとしても、自身満々に「ケ・イ・サ・ン」と言い切りましょう。

 

アウターではボアを使ったモノが目立っています。寒がりには朗報ですね。

 

  •  コンセプト編

27057858591_d916a04255_z

今シーズンのビッグ・ワードを一つ挙げるとしたら「スポンテニアス(自発的)」でしょうか。

既成概念に囚われず自由に着こなしましょうという提案です。

自由に着こなしやすいように、幾通りかの着方が出来るように工夫された服が貴方の自発性をきっと刺激してくれるでしょう。

174156752_92ec911db0_m

  •  フォルム編

今シーズンの目立ったシルエットとして”パワーショルダー”が挙げられます。極端に肩にボリュームを持たせたものです。

バブル全盛期のお立ち台か! というツッコミは控えましょう。年がバレてしまいます。

肩で風を切れるような好景気にまた向かえる事を願います。

 

アウターはほぼビッグサイズなもので出揃っていますね。

インナーではハイウエストやAラインなど、こちらもレトロムードが来ています。

パンツはちょっとフレアの入ったワイドパンツが多く見られました。

8641631845_997f1a60e0_z

上下ともにボリュームのあるモノを合わせる時は、どこかで引き締める工夫が必要なので、これが決まればオシャレ上級者と胸を張って良いと思います。

 

  •  ディテール編

14531485137_3c907a70e5_z

ディテールで目立ったのはオフショルダーでしょうか。女性らしいセクシーさをアピールする感じとはちょっと印象が違って、強いイメージがありますね。スポンテニアスに肩を出さない感じにも着れそうなのが良いのではないでしょうか? あまり肩を冷やすのは良くないと監督も言っておりました。

 

あとヒモのようなものがついてる付いている服も多かった気がします。これもスポンテニアスの流れに入りますかね。きゅっと結んでウエストを絞ったりぷらんと垂らしてもアクセントになります。

アシンメトリーなデザインも引き続き見受けます。仮にシャツのボタンを掛け違っても、それはオシャレです。

 

ざっとこんな感じでしょうか? 多少のモレはあると思いますが。真剣に読んで下さった方には、多少のボケをかましてしまった事を深くお詫びいたします。これについて一つ言い訳をさせて頂くと、「ファッションに今一番求められるのは”ユーモア”なんだ」とどこかの偉い人が言っていたからなんです。

ご参考になれば幸いです。

関連記事

ページ上部へ戻る