トリック・オア・トリート! ハロウィン!

halloween

ハロウィンといえば、かぼちゃ! お菓子!! コスプレ!!!!!

こんなことを連想される方が多いのではないでしょうか。

近年ではどこでもハロウィングッズが手に入ったり、日本各地でイベントが開かれたりして、身近に楽しめる行事の1つになっていますね。

今日はそんなハロウィンについてのお話です。


■そもそもハロウィンって何?

知っていましたか? ハロウィンってキリスト教のお祭りじゃないんです。

もともとは毎年10月31日に行われる古代ケルト人の秋の収穫を祝うお祭りでした。

古代、ケルト人は1年の終わりを10月31日だと信じており、その日には死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。そして、同じ時期に出てくる悪い精霊や魔女を祓うために行われたのが「サウィン(Samhain)」と呼ばれるハロウィンのもとになった収穫祭でした。もともとハロウィンの仮装は悪い精霊や魔女から身を守るためのものだったそうです。日本で言うなれば、大晦日とお盆が一緒に来たような感じでしょうか。

ちなみに「ハロウィン(Halloween)」という名前は、アメリカに「サウィン(Samhain)」が伝わったとき、翌日の11月1日がキリスト教の「諸聖人の日(All Hallows)」であったことから、「諸聖人の日(All Hallows)」の前夜(eve)=「ハロウィン(Halloween)」と呼ばれるようになったといわれています。現代ではアメリカで民間行事として定着し、宗教的意味合いはほとんどなくなっています。


■よく聞くトリック・オア・トリートってどういう意味?

トリック(Trick)=いたずら、騙す

オア(or)=さもないと

トリート(Treat)=ごちそうする、もてなす

つまり、「ごちそうしてくれないとイタズラしちゃうぞ! 」というところでしょうか。

よく「お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ! 」というフレーズを目にしますが、この「お菓子」実はこれもケルトの古い風習に由来しているといわれています。

ケルトの古い風習に「ソウリング(Souling)」というものがあります。キリスト教の「諸聖人の日(All Hallows)」の翌日11月2日は「死者の日」とよばれ、死んだ人が天国に行けるようにお祈りをする日とされていました。その日に「ソウルケーキ(soul cake)」とよばれる干しぶどう入りのケーキを用意したそうです。日本で言うお供え物みたいなものですね。このソウルケーキがもととなり、「お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ! 」のフレーズになったわけです。


■よく見るあのかぼちゃは何?

ご存知の方も多いとは思いますが「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-Lantern)」と呼ばれています。

ジャック・オー・ランタンにはこんなストーリーがあります。

あるところに悪いことをした男の子(ジャック)がいました。

男の子は悪いことをしたので、死んでも死後の世界に入れてもらえず、この世をさまよわなければなりませんでした。そして彼の魂はカブにとりつきました。

そう、実はこの「ジャック・オー・ランタン」もともとはカブだったんです。

ですが、カブよりかぼちゃのほうが入手しやすいということで、カブからかぼちゃへと変化しました。

話の種に、かぼちゃじゃなくてカブの仮装、なんていうのもいいかもしれませんね。


今年も全国各地でハロウィンのイベントが開催されるようです。

この機会に是非参加されてみてはいかがでしょうか。

nutteではコスプレ衣装もオーダーできます!!!

関連記事

ページ上部へ戻る